karikaeacom



banc





rakuten



最新情報

2013年3月24日借り換えで計画的な返済
借り換えで計画的な返済
2013年3月24日低金利のローンへ借り換え
低金利のローンへ借り換え
2013年3月24日おまとめローンで借金をスッキリ
おまとめローンで借金をスッキリ
2013年3月24日おまとめローンのすすめ
おまとめローンのすすめ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

おまとめローンのすすめ

おまとめローンってご存知ですか?

キャッシングなどでローンが身近になった今、様々な会社から借り入れてしまい、首が回らなくなる。なんてことは珍しい事ではなくなっています。

また、自身が小売店などを経営している際に、複数の金融機関から資金を借り入れていたりする。なんてこともあります。

これら複数の借入のデメリットは、それぞれの金融機関で金利が違っていたり、返済期限がバラバラだったりするので、個人での管理がとても難しい点。複数から借り入れてしまい、それぞれの返済が間に合わなくなってしまっている点などが上げられます。

 

これらのデメリットを解消するローンが、おまとめローンです。

どのようなものかと言いますと、いままでは複数の金融機関から別々に借り入れていたローンを一つにまとめることを言います。

一つにまとめてしまえば、管理の面倒くささも軽減されますし、金利が安い時におまとめローンにしてしまえば返済額が減る可能性もあります。

 

さて、ここでおまとめローンを利用する場所ですが、基本的に金利の低いものを選ぶのが一番です。

審査がはやかったり、通りやすかったりと利用しやすいという基準で選ぶと、比較的金利が高くなりがちです。

多少の手間は仕方がないと考え、金利が安い所を選びましょう。

というのも、おまとめローンにした場合一番きになるのが合計返済金額です。

金利が高いとこの合計金額が高くなってしまい、せっかくまとめたローンのうまみが減ってしまいます。

どうせまとめて返すのであれば、少しでも安く済ませたいですよね。

だからこそ、おまとめローンを組む金融機関はきちと選ぶことが大切です。

 

これらの金融機関を選ぶ際に、重要なポイントが三つあります。

まず保証人や担保などが不要なこと。

次に金利が低いこと。

最後に融資額が少なめな場所を選ぶこと。

保証人や担保については、周りの人に迷惑がかからないようにするため、二つ目の金利が言わずもがなですね。

最後の融資額についてですが、融資額が少ない場所の方が金利が少ない傾向にあります。そのため金利を抑えるための一つの基準として、融資額が低い場所を選んだ方がよいのです。

タグ

借り換えで計画的な返済

以前勤めていた職場に、ローンやキャッシングの返済で苦労していた同僚がいました。

本人も気づかない内に、給料の額よりもローンやキャッシングの返済額の方が大きくなってしまい、その返済のために新たなキャッシングをしなければならないし、買い物もリボ払いでカードを使ってしなければならない状態でした。

上司や他の同僚、先輩にも少しずつ借金するようになり、周囲にも

「あいつは借金で困っているらしい」

と知られるようになってしまっていたのです。

その同僚と私は同期入社といっても、部署が違っていたので同期といっても顔見知り程度という関係です。

ある日、とうとう私にまで「ちょっと10000円貸して欲しい」と声をかけてきました。

実は私は親から

「友達と金銭の貸借りをするな」

と言われておりまして、それを理由にして借金の申し出をお断りしたのですが、だからと言ってその同僚をそのまま突き放してしまうことにも抵抗がありました。

「お金は貸せないけど、よかったらちょっと話を聞かせて」

と同僚の相談に乗ることにしました。

話を聞いてみると、同僚は何件かの会社でカードローンを利用し、クレジットカードを何枚も持っていて買い物をし、キャッシングもしていて、自分でも全部でいくら借金があるのかわからないそうです。

月末に請求書が届いて初めて、その月の返済金額を知るという状態でした。

私は同僚に、勇気をだして自分の借金の総額を知ること、そして借り換えをして返済先をできれば1カ所にまとめて、できなければ今よりも少なくして「いくら借金があるかわからない自転車操業」から抜け出た方がいいとアドバイスしました。

どうして私がそんなアドバイスができたかと言いますと、同じような悩みを持っていた知り合いがいたからです。

友人はカードローンとキャッシングを1本にまとめて借り換えをして、毎月の返済額を一定にすることで計画的に返済することができるようになりました。

計画的に返済することが可能になったお陰で、自分の収入と支出のバランスがよくわかるようになり、無駄な買い物も減ったと言っていました。

私は同僚に、その友人の話をして借り換えを強くすすめました。

その後しばらくして、その同僚から

「とりあえずカードローンの借り換えをして、返済先を1本にまとめることができた。ちょっと明るい未来が見えてきた。」

と、言われてうれしくなったのを覚えています。

タグ

低金利のローンへ借り換え

私は少し前まで複数のカードローンから借り入れをしていました。その多くが消費者金融系で、利子も高くしかも利子はそれぞればらばらでした。さらに借り入れ金額もばらばらで、色々なところに返済をせまられるのは本当にストレスが貯まりました。

幸い一つ一つの借り入れ金額はそこまで多くはありませんでした。といっても、もちろん私の給料では一括で全ての返済をする事はできない金額でしたが。

そこで私が考えたのは、これらの高く利子もばらばらのローンを低金利のローンに借り換えて一本化するという事でした。方法としてはいわゆるおまとめローンというやつです。

そして私はさっそくおまとめローンについて調べてみました。すると結構多くの銀行が見つかったのですが、なんせ銀行という事で私でも審査に通るのか少し不安がありました。シュミレーションがついているところが多く、試しにやってみると確かに今よりも断然楽な状態になる事がわかりました。そしてこの地獄から抜け出すにはこれに申し込むしかないと、ダメもとで申し込みをしたのです。

それからネットから申し込みをして、仮審査に無事に通り書類が届き、その後無事に審査に通り借り換えが完了しました。その間はなんというかもう、生きた心地がしませんでしたね。本当に借り換えに成功した時には喜びました。少し前まではこの借り換えで高額な手数料をとったり、結局もっと利子の高いところに借り換えをさせられたりというトラブルがあったようですが、最近のは銀行自体が主催のようで安心して借り換えをする事ができました。ムダなお金など一切かかる事はなく、無事に楽な状態にしてもらう事ができたのです。

これで以前の借り入れ先には銀行の方から返済をしてくれるので、私はひたすらその銀行に返済をするだけ出よくなりました。利子も半分くらいになりましたし、返済の方法もシンプルでこんなに気持ち的にも手間的にも楽になれるのならもっと早くやっていれば良かったと思いました。

タグ

おまとめローンで借金をスッキリ

借金で、毎月の返済額が厳しいと思っている人だけでなく、数社からの借入を返済している方には、おまとめろーんをおすすめします。

現在、借り入れ額が膨らんでしまって大変な方。これ以上、他の金融会社から融資を受けることは不可能でしょう。

貸金業法によって、借金の総量規制が定められてから、年収の3分の1を超える額のお金を融資することはできなくなりました。

年収が300万円なら100万円しか借りれません。

しかし、おまとめローンについては、総量規制の適用外になります。

年収にこだわらず、お金を融資することができます。

貸金業法は、あくまでも、消費者側に有利な融資を認める法律ですので、現在、借り入れを行っている業者よりも、おまとめローンで、年利が低くなり、返済が楽になるので、総量規制からは除外されているのです。

おまとめローンをする際に、最初に約束させられるのは、おまとめローン融資でが実行された際、他の金融会社の借り入れは全て返済するということです。

もし、おまとめローン融資後に、他の金融会社からの借り入れの返済を行っていないことがわかれば、契約違反として、即刻、全額の返済を求められます。

本当に、返済を楽にするために、おまとめローンをするわけではなく、新規の融資先として、おまとめローン会社を利用しようと考えている人はやめた方がいいです。

また、人間の怖いところは、一度あがってしまった生活レベルを下げることが難しいことです。

せっかく、おまとめローンで、借入を一本化しても、いままでの生活を続けていれば、いずれ、お金が足りなくなり、おまとめローンでまとめた借金以外にも、また借りてしまう人が多いようです。

これでは、本末転倒になってしまうので、おまとめローンの審査に通って融資が実行されたら、自分の生活は改善しましょう。ギャンブルをやっている人はもう、やめなければなりません。

おまとめローンの会社は、消費者金融系、銀行系などがありますが、金利に関しては、やはり銀行系が一番低いです。

タグ

このページの先頭へ